大学生・就活生必読!就活×SNS裏アカで人間関係ドロドロ?映画化で話題!朝井リョウ『何者』※ネタバレ・感想あり

 

 

今回はタイトルにもある通り、

2016/10/15公開予定の映画『何者』の原作小説の紹介をしていきます!!

 

nanimono-movie.com

 

キャストも豪華ですね。

 佐藤健=拓人

有村架純=瑞月

二階堂ふみ=理香

菅田将暉=光太郎

岡田将生=隆良

山田孝之=サワ先輩

 

さて、早速ですが小説の紹介をしていきます。

 

 

登場人物

 

二宮拓人(主人公)

=大学生活は演劇活動をしていた。光太郎と同居。

クールキャラで、物事を冷静に分析する(ちょっと冷めてる?)

就活生。

 

光太郎

=バンドマン。拓人と同居。

天真爛漫。なに言っても許されちゃう系男子。

瑞月の元カレ。

就活生。出版社志望。

 

瑞月

意識高い女子。モテる。

努力家、素直。

光太郎の元カノ。

 

理香

意識高い系女子 ※「系」って言葉重要!

光太郎、拓人と同じアパートに住んでいる。

隆良と同棲中。

大企業志向。

 

サワ先輩

=大学院生。拓人のバイト先の先輩。

凄くいい人。周りからの信頼も厚い。

 

隆良

意識高い系クリエイター男子。

就活否定派発言多め。

理香と同棲中。

 

鳥丸(からすま)ギンジ

=拓人の元劇団仲間。ケンカし解散後、劇団【毒とビスケット】設立。

就活はせずに卒業後も劇団を続ける。

隆良とも「仕事」で知り合う。

 

と登場人物紹介。

 

 

あらすじ

 

 

この小説のキーワードは

「就活」 「SNS

 

でしょう。

 

 

 

 

ひょんなことから

 

元々知り合いだった拓人と光太郎、瑞月

 

そして瑞月の友人で拓人と光太郎と同アパートに住んでいた

理香、理香と同棲中の隆良で

 

 

「就活対策本部」を結成することになります。

 

 

就活にあまり熱を注いでいない拓人と光太郎、

意識高くエントリーシートや面接対策に必死で励む瑞月と理香、

そもそも就活否定派と豪語する隆良。

 

 

 

この違う価値観の5人が集まったときにどういう科学反応が起きるのか。

また、どういう心境の変化が起きるのか。

 

 

将来に対する葛藤がどう揺れ動いていくのか。

 

 

 

一体自分は何者なのか?

 

 

そして

 

この本の中でたびたび、登場人物のツイッターでの発言が出てきます。

 

 

SNSは、現実とは違う自分を作り出すことができます。

 

 

普段は優しいあのひとが、SNS上だと愚痴ばっかり言っているなんてことも、、、(笑)

 

 

「裏アカウント」

を作って誰にも見られないように、愚痴を書かれている、なんてことも。

 

 

 

 怖い

 

 

そして読んでいただければわかりますがこの作品中の人間関係も、

 

 

 

どろっどろ

です(笑)

 

 

 

 

と、ここまで簡単に作品の世界観を紹介してきましたが、

 

 

 

ぜひ就活生や大学生で将来に不安を感じている方もちろん、

日々の努力や生活の中で、迷いや葛藤がある方、

SNSが生活の中に当たり前にあるこの現代で、人間関係に悩みを抱えている方。

 

 

ぜひ読んでみてください!

 

 

小説の世界観がイメージしやすく、表現も難しくないので、

普段本を読まない人にもオススメです!

 

f:id:yattoluv1:20160908170459j:plain

 

単行本 ¥1620

文庫本 ¥637

kindle ¥590

朝井リョウ 『何者』 | 新潮社

 

 小説から映画の流れのほうがイメージしやすくていいなあと個人的には思いました。

 

 

 

※ ここからネタバレ含む感想です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

ブログ始めます!

 

私が読んだ本の紹介をしていきます!

 

よろしくお願いします。

 

植松